スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってくる? ドラえもん


 ネットサーフィン(死語)をしていると、たまにドラえもんの最終回の話題を見ることがあります。
原作者の藤子・F・不二雄氏はドラえもんの正式な最終回を描くことなく亡くなられているので(実際は雑誌:小学○年生とかで暫定的に描いてるものもある)もちろん他の人が考えた、いわゆる二次創作の話になるのですが、のび太は実は植物人間でドラえもんの話はのび太の夢の中の話だとか、ドラえもんが航時法違反でタイムパトロールに逮捕されて未来に変える、など色んなバリエーションの話があります。
 そんな数あるドラえもん最終回の話で、実はのび太がドラえもんの製作者である、という話を漫画化した作品、まぁ同人誌なんですが、それを最近とあるところから入手しました。
ドラえもん 最終回

 今までネット上に落ちてる色んなドラえもん関係の二次作品を見てきたけど。これほど作者であるF先生の絵柄、表現を忠実に再現しようとしている作品はあまり見たことがありません。
 で、肝心の内容なんですが
ある日、いつもの様にのび太がジャイアンたちにいじめられて家に帰ってくると、ドラえもんの電池が切れてしまっており、タイムテレビを使ってドラミちゃんと相談して何とかしようとするのですが
ドラえもん 最終回01
 ということで、さあじゃあどうすんねん!ということになり、ここでのび太が人生最大の選択を迫られるわけです。

 まぁネタバレになるし、他のサイトやブログで腐るほど書かれてることなので、ここでこれ以上はあえて書きませんが、このマンガを初めて見たときは、正直マジ泣きしました。

 マンガ以外に小説やフラッシュなどでも公開されてる話なのでgoogleとかで検索するとすぐ見つかると思います。
 ちなみにこのマンガを見るより前に文章でもこの話を見たことはあったのですがそのときも泣きました。年をとると涙もろくなっていかんですね。

・おまけ
のび太 vs ドラえもん
スポンサーサイト

| 鳩ブログホーム |

コメント

わぁ!読みたい!

早速

ドラえもんが物心ついた頃から心の
バイブルだった私は真っ先に
この日記に飛びついた・・w
私はこれのFlashを見たよ。その後この漫画版を教えてもらって読んだ。
いや、これは泣くよ、うん。
F先生もこの最終回なら納得、というか
F先生が考えたんじゃないかってくらい。
とにかく今まで読んだ漫画の中で
一番感動したかも。「さようならドラえもん」と並ぶかな!
て、コメントで、しかも初カキコで語りすぎた。ごめんorz

>akya
もし良かったらデータ渡すよ

>RON
ここは、コメントの書き込みスゲー少ないから
ちょっと多めに書き込んでくれるくらいでちょうどいいっす^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hatoblog.blog19.fc2.com/tb.php/73-3acfff20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。